Top
menu

ソメスサドル【日本の革鞄と馬具】

2020.07.31 ブログ

本物に出会う|社長と歩むソメスサドルの歴史#8

百貨店・そしてドイツでの展示会出展を決めたオリエントレザー。

今回はそのヨーロッパでの体験についてお伺いします。

わかりました。

ヨーロッパでの経験は私の価値観もかえる大きな出来事でした。

馬具の本場へ

ひとりヨーロッパ出張

ドイツ展示会の様子

▲ドイツ/フランクフルトで開催された展示会ブースに並ぶオリエントレザーの馬具と染谷社長

ドイツで開かれる展示会。過去アメリカへ輸出の実績があったオリエントレザーは運良く選ばれ、会社を代表して私がひとり出展に立つことになりました。

 

馬具の本場ドイツで自社の馬具を展示する1週間でしたが、淡い期待を抱きつつもその結果は散々なものでした。

初日、男性がブースに来られれて馬具を手にとってくださって「これは原価いくらかかっているんですか」と聞かれたので、正直な数字を答えると「うちの原価と同じか」とあきれた顔を浮かべられてしまったんです。

後から聞いて知りましたが、ドイツでもトップを誇る馬具メーカーの役員の方だったそうです。

同じ原価で製品の質が全く違う、開始早々世界との差を思い知らされ、惨めな思いを味わいながらもなんとか過ごした1週間でした

世界を目指す

ドイツ展示会の様子02

展示会では、1週間の会期を終えた後にヨーロッパの各国を視察するツアーが数日組まれていました。本来であれば、同じく出展をされた方々と共にツアーを回らなければいけないところを、私は主催の方になんとか頼み込んで特別に単独行動をする許しをいただきました。

ヨーロッパは革の製造技術においては本場です。なんとかこの機会にこの目で本物を見たかった。

各地の革に関係する箇所を調べあげ、皮革製品の生産地での展示会、世界のファッション業界でも名高い企業、王室御用達のメーカーなど、視察のコースに沿いつつひとり渡り歩きました。英語はもちろんヨーロッパ各地の言語も出来ませんから、各地への移動も必死でしたよ。目的地の名称ひとつを片言で何とか伝えて電車やバス、タクシーを乗り継ぎました。

 

中でも刺激を受けたのが、パリにあるエルメス本店です。

 

エルメスといえば革製品ブランドの最高峰。元々は馬具工房として創業し、現在も馬具の製造を続けながら鞄・財布など革製品を手がけています。世界を代表する高級ブランド街にあり、特別に目立つこともなく周囲と同化したヨーロッパの街並みの中の1軒で、本店は5階建てで2階までがショップになっていて、鞄・財布はもちろん、馬具の販売も展開されています。

 

入店してみると、その雰囲気は外観とは圧倒的に異なるものでした。

高級ブランド店に日本人の若者が1人で入店してきたわけですから、初めはスタッフの方に厳しい視線を向けられましたよ。それでも商品を見たいという想いが勝っていましたし、知人に頼まれた馬具を購入したいという目的もありましたから、馬具をひとつ購入し、続けて店内を見ているところで上階に上がる階段をひとつ見つけました。

手前には看板が立てられ一般客は立ち入れないようになっていましたが、見つけた私は衝動を抑えられず、看板のフランス語が読めないことを言い訳にしてこっそりと上の階も見て回ったんです。ショップの上階はミュージアムのようになっていて、馬具や年代もののバッグが並んでいたのですが、そのひとつひとつの繊細な技術と美しさに圧倒されてしまいました。

まさに本場の「本物」がありました。

 

その後ガードマンに見つかり投げ出されるように店を出ましたが、エルメスの訪問を経て私の価値観は間違いなく変わっていました。

 

馬具製造を続けつつも、その技術を活かした革製品メーカーとして展開してゆこう、世界の「本物」に並ぶメーカーを目指そうという決意が固まりました。

ありがとうございます。

国内の販路拡大もそこそこに、突然のヨーロッパ出張。急展開でしたが新たな段階に向け進んでゆく社長の体験を伺ってゆきます。

ソメスサドルの歴史

2020.07.30 お知らせ

パスケースオーダー会を3店舗で開催(8.7-16)

SOMES_beltorder

パスケースオーダー会(数量限定)

青山店、松屋銀座店、松坂屋名古屋店 8/7(金)~16(日)

青山店、松屋銀座店、松坂屋名古屋店の3店舗にて「オリジナルパスケース」の受注会を開催。

表・裏・中、カラフルなパーツの中から、お好きな組み合わせでお選びいただき、お客様お一人お一人のために仕立てます。イニシャル刻印も承りますので、ぜひこの機会にあなただけのパスケースをお作りしませんか。

※数に限りがございますので、無くなりしだい終了となります。

 

開催店舗 ソメスサドル青山店(東京都港区南青山6-2-5)

電 話  03-5464-2555

 

開催店舗 ソメスサドル松屋銀座店 7階(東京都中央区銀座3-6-1)

電 話  03-6228-7028(直通)

 

開催店舗 ソメスサドル松坂屋名古屋店北館1F 紳士雑貨売場(愛知県名古屋市中区栄三丁目16番1号)

電 話  052-251-1111(代表)

〉品 名  パスケース
〉価 格  ¥11,000(税込)
〉カラー  レッド/ライトブラウン/ネイビー/ダークブラウン/ワイン

 

※ お渡しは9月下旬頃の予定です。

2020.07.30 お知らせ

一枚革ベルトオーダー会を3店舗で開催(8.7-16)

SOMES_beltorder

一枚革ベルトオーダー会(数量限定)

銀座店、大丸東京店、大丸心斎橋店 8/7(金)~16(日)

銀座店、大丸東京店、大丸心斎橋店の3店舗にて「一枚革ベルト」の受注会を開催。

馬具に使用する良質な一枚革で、お客様のサイズに合わせて、お作りいたします。使うほどに柔らかくなじみ、自分の腰にフィットする形へと変化していきます。末永くお使いいただける一枚革ベルトをぜひこの機会に。

※数に限りがございますので、無くなりしだい終了となります。

 

開催店舗 ソメスサドル銀座店(東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 5F)

電 話  03–6264–5576

 

開催店舗 ソメスサドル大丸東京店 7階(東京都千代田区丸の内1-9-1)

電 話  03-6275-6322

 

開催店舗 ソメスサドル大丸心斎橋店(大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 本館6階)

電 話  06-4256-1056

■33㎜幅ベルト(右):¥19,800(税込)
■30㎜幅ベルト(左):¥16,500(税込)

 

※ お渡しは8月下旬頃の予定です。

2020.07.30 お知らせ

千歳店営業時間短縮について

新型コロナウィルスの影響により、ソメスサドル千歳店の営業時間を2020年7月27日より当面の期間短縮いたします。

◆営業時間:10:00~18:00

営業時間に関するお問い合わせは、お問い合わせページよりお願い致します。

2020.07.17 お知らせ

店舗の衛生管理体制について


SOMES_corona

ご来店いただくお客様へご協力のお願い

お客様ならびに従業員の健康と安全確保を考慮し、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、上記の取組みを実施しております。お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

2020.07.17 お知らせ

夏のソメスフェア2020

SOMES_fair2020

SOMES FAIR 2020

 

①ネットショップ先行 7/16(木)12:00 ~ 22(水)11:59まで

②直営店・インショップ 7/23(木)~26(日)

日頃の感謝の気持ちをこめて、夏のソメスフェア2020を開催いたします。

期間中は、フェア限定アイテムや定番アイテムを特別価格にて販売。

ぜひこの機会にお買い物をお楽しみください。

※フェアの開催は、店舗により異なります。詳しくは特設ページをご確認ください。

 

SOMES_fair2020

ポシェット

¥19,800 → ¥15,840
W190 H120 D50mm
SF20-01
SOMES_fair2020

ワンショルダー

¥37,400 → ¥26,180
W200 H310 D90mm
TT-12
SOMES_fair2020

ネックポーチ

¥11,000 → ¥7,700
W110 H180 D5mm
ST-23

 

 

 

ご来店いただくお客様へご協力のお願い

お客様ならびに従業員の健康と安全確保を考慮し、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ソメスフェア会期中以下の取組みを実施いたします。お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。

SOMES_fair2020

2020.07.17 ブログ

一流に挑む|社長と歩むソメスサドルの歴史#7

前回、東京の営業で訪れた、ウエスタンバーでの体験について伺いました。

鞄の制作にも至ったそうですが、その後の制作や販路展開に変化はあったのでしょうか。

はい。

更なる販路展開に乗り出しました。

一流店舗進出へ

百貨店の口座開設


 

ウエスタンバーでの交流のおかげで、オリエントレザーとしては鞄第1号となる、サドルバッグが誕生しました。

試作の段階で大変好評をいただき、バーの常連さんを中心に多くの注文をいただいたことは大変嬉しいことでした。馬具にはじまり、小物の制作から鞄を制作出来るにまで至れたことは自信にも繋がり、東京で営業活動をする私としては、次は一流のブランドや企業にも営業をかけてみようかという想いが徐々に湧いてきたんです。

 

そして、まずはと向かったのが新宿のある百貨店。

現在でも馬具を取扱っている日本でも稀な百貨店です。当時は1階のフロアに広々と展開されていました。ただ来たは良いものの、営業のアポももちろん取っていませんし、どこへどう売り込んで良いかもわからず、ただただ遠くから売り場を眺めるしか出来ませんでした。

そんな時、偶然の出会いがありました。スキーの現役時代によくお世話になっていたスポーツ店の息子さんが、偶然に私の目の前を通ったんです。

馬具の営業のためにこの場に来たという経緯を話すと、なんと「うちで取引があるから、バイヤーを紹介するよ」と言ってくださいました。

 

バイヤーさんを紹介いただき商品を持ち込んでみましたが、国内での実績も乏しかったからでしょうか、その場での口座の開設には至りませんでした。

ただ、ありがたくも仲介いただいたスポーツ店の口座を借りて、商品を置かせていただけることになり、1年半の販売を経て正式に口座を開設させていただけることになりました。

会社にとっては百貨店の口座開設第1号、それはとても嬉しかったです。偶然というより、まさに奇跡ともいえる出会いからの急展開でした。

馬具の本場ヨーロッパへ

百貨店進出に次いで、また新たなチャンスが訪れます。

北海道庁が道内の輸出企業を対象に、ドイツで開催される展示会の出展を募っているとのこと。海外の輸出はストップしていましたが、過去に実績があるので審査に通るのではないかということで本社から連絡をもらったのです。

以前お話しもしましたが、創業当時はアメリカへ向け馬具の輸出事業を主にしていましたので、わずかでも可能性に賭け応募したところ、これが運良く選ばれました。

 

ヨーロッパといえば乗馬大国、特にドイツは馬具の制作技術にかけて世界のトップを誇るまさに本場です。
当時会社は乗馬クラブのオーナーにダメ出しをいただきながら試行錯誤で鞍の制作をしている最中で、本場での反応に不安はあったものの、JETRO(日本貿易振興機構)が主導の展示会だったので少なからず受け入れてもらえるのでは、という淡い期待はありました。

当時私が26歳。会社を代表して1人出展に立つことになりました。

 

ありがとうございます。

次々と新たなチャンスが舞い込んで、挑んでゆく染谷社長。

次回はドイツでの展示会での体験について伺います。

 

ソメスサドルの歴史

2020.07.10 お知らせ

大雨の影響による製品お届けへの影響について

 

このたび九州地域及び東海地域、甲信越地域を中心とした豪雨により、被害を受けられました皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

 

大雨の影響により、一部地域でヤマト運輸による製品のお届けの遅れが生じております。
お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何とぞご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

 

詳しくはヤマトホームページよりご確認ください。
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/info/info_200704.html

 

尚、詳しい配達状況に関しましては「配送手配完了メール」にございますお問い合わせ番号で
御調べいただけますのでご利用下さい。

 

クロネコヤマトの荷物お問い合わせシステム
https://toi.kuronekoyamato.co.jp/cgi-bin/tneko

2020.07.10 ブログ

カバン第一号の誕生|社長と歩むソメスサドルの歴史#6

馬具以外の一般革製品の開発がきっかけで、バーや喫茶店など馬具と異なる営業が始まった前回。

その中で、新たな出会いもあったそうですが、詳しく教えていただけますか。

わかりました。

この時期の営業の中でも、特に刺激を受けた経験でした。

ウエスタンの世界へ

ウエスタンバーとの出会い

サドルバッグ

東京の繁華街での営業。本革コースターと革巻きの灰皿を片手に「馬」に関連した名前の看板を掲げるお店を巡っていましたが、その中でまた特別な出会いがありました。

新宿二丁目を巡っていた時に見つけた1件のバー。店内に入ってみると、店内の内装はもちろん、お店の方、そしてお客さんが皆テンガロンハットや、派手なブーツやウエスタンの衣装を身に纏った、ウエスタン好きが集まるバーでした。

 

アメリカの「カントリーウエスタン」が流行っていた当時。カントリーミュージックに刺激され、ミュージシャンを中心に、ウエスタンに憧れる方がとても多かったんです。ウエスタンスタイルで店内でカントリーミュージックを演奏し、歌い、バーボンウィスキーを飲むお客さんの姿、これがとても格好良かった。私もこの世界に惹かれてしまいました。

お話すると、お店のオーナーさんが北海道出身だったことで意気投合し、私もすぐに常連になりました。

 

そこから、バーに通う日々が続きました。もちろん他の常連さんと同じく、私もウエスタンスタイルです。

ウエスタン好きの集まる場ですから、馬好き、乗馬好きもたくさんいました。中には有名な歌手の方もいらっしゃったんですよ。馬付きが高じて、常連仲間と共同で馬を所有されていて、毎週のように山梨県にある乗馬クラブに通って乗馬を楽しんでいたんです。

 

私もそれに誘われて何度かご一緒したのですが、夜はバーで朝までバーボンを飲み、ウエスタンスタイルそのままで特急列車で山梨へ、乗馬を終え東京へ戻るとまたバーへ…。

なかなか過酷でしょう。乗馬については埼玉の乗馬クラブで乗馬の経験がありましたから、少なからず乗れる自信はあったものの、お酒が抜けず酔っ払いでの乗馬で落馬の連続でした。

サドルバッグの誕生

ウエスタンバーに通ううち、常連さんから、

「馬具を作っているなら、サドルバッグを作れない?」と提案を受けました。

今ではバイクや自転車の後部につけるバッグもサドルバッグといいますが、乗馬においては鞍(サドル)に装着する鞄のことをいいます。オリエントレザーとして、鞄をつくったのもこれが初めて。見本をもとに試作してみたところ、皆さんに大変喜んでもらえました。

実際にそのサドルバッグを持って山梨で乗馬もしたのですが、大きなサドルバッグを肩に掛けて向かう後ろ姿は、見ていてとても感慨深いものがありました。

 

常連の方をはじめバーに来る方へ私の会社の話をすると、興味を持っていただける方も沢山いました。「知り合いの乗馬クラブが…」「デザイナーが…」「うちの会社が…」と紹介していただけたり、商品開発についてアドバイスをいただいたりと人脈や世界がどんどんと広がっていったのです。

 

バーでの出会いがきっかけで、現在でもソメスサドルとしてお付き合いのある会社もありますし、仕事に関わらず親しくさせていただいている方もいます。このバーでの日々は、本当に貴重な出会いであり、経験をさせていただいたなと思います。

ありがとうございました。

乗馬クラブやウエスタンバーなど、営業で伺う先々での出会いがオリエントレザーの前進に深く関わっているんですね。

次回もオリエントレザーの更なる発展について伺ってゆきます。

ソメスサドルの歴史

2020.07.08 ブログ

なめし(鞣し)とは|革の魅力と特徴

なめしとは

なめし(鞣し)とは

私たちソメスサドルが日々製造している革製品。その素材である「革」が、「皮から革」へ「鞣し(なめし)」という加工技術によって変化します。

鞣すことによって、革の原料である原皮(げんぴ)の主成分であるコラーゲンに耐熱性、耐腐敗性、柔軟性などを付与します。
これによって皮は丈夫で長く使える革へと変わります。

ソメスサドルでは世界中で鞣された革を使用していますが、革の鞣し業者は国内にも数多くあります。また、鞣し職人たちは「タンナー」と呼ばれます。

なめしの加工は大きく分けて3種類あり、「タンニンなめし」、「クロムなめし」、その両方の特性を持つ「コンビネーションなめし」があります。

タンニンなめしとは

タンニンなめしは古代エジプト時代より行われている、なめし加工では最も古い製法です。

タンニンなめしの「タンニン」とはお茶や赤ワインなどを飲むと感じる「渋み」の成分です。また国内のタンニンなめしにはミモザの木のタンニンを鞣し剤として使用されています。

レザーのもとである原皮をタンニンに漬け込むことで、原皮のタンパク質に反応し、皮から革に変化します。タンニンなめしは非常に手間と時間がかかり、鞣しに数か月を要することが多くあります。

タンニンなめしによって仕上がった革は、しっかりとした質感で丈夫です。また自然素材のため革本来の雰囲気を感じることができ、革の個性とエイジングも楽しめます。

クロムなめしとは

クロムなめしは、タンニンなめしと比べて歴史が浅く(100年程度)新しい加工技術です。
クロム鞣し剤と呼ばれるクロム化合物を、ドラムに投入し皮に浸透させます。浸透に要する時間は一日程度で、早く大量に革を作ることができます。

クロムなめしで鞣された革は、タンニンなめしと比較して柔らかく伸縮性に優れています。
着色や加工もしやすく、多くの革製品に使用されています。

コンビネーションなめしとは

タンニンなめしとクロムなめしの両工程を使うことで、各加工の欠点を補い、様々な特性を付与させることができる、ハイブリットな鞣し加工です。

ソメスサドルの例だと、クロムなめし革に独特のコシ感を出すために、染色の途中でタンニンを入るなどして鞣された革を使用したりしています。

07

category

Archives