革に安全の安で「鞍」|鞍の名称と機能

人と馬をつなぐ鞍

鞍-SADDLE-

人が馬に乗るために欠かせない「鞍」。「革」に安全・安定の「安」と書いて「くら」と読みます。英語では「SADDLE-サドル-」、馬具の製造からはじまったソメスサドルも名前にSADDLEを使っています。
乗る人の命はもちろん、馬の安全も左右する鞍は、両者を繋ぐ重要な生命線とも言えるツールです。 一見シンプルに見える外見の中には、両者の安全を守る為の、実に緻密で繊細な造りが施されています。
今回は数ある鞍の中から、乗馬用の総合鞍を例に、鞍の内部を詳しくご紹介します。

鞍の名称

鞍の名称01

人が座るシート部。鞍の内部と馬、脚の接触を防ぐあおり。馬と人間の脚とのコンタクトの部分になる鞍じょく。ニーパッドは騎乗時の膝の支えとなります。馬具のモチーフとして、ソメスのバッグや小物に使われている鞍鋲は、留め具として重要な役割を担っています。

鞍の核である鞍骨

鞍の内部には「鞍骨-あんこつ-」とよばれる、鞍を形作るパーツがあります。鞍骨はシート面と馬の背に触れる面の両面を形作る役割を果たします。
鞍の乗りやすさは鞍骨で決まるといっても過言ではありません。馬は鞍と乗り手の体重が負荷としてかかるので、鞍の形状が馬の背に合わず安定しないと、馬の背中や腰などを痛めてしまう場合もあります。

鞍の質を左右する重要な鞍骨造り。ソメスでは長年の試作と研究を重ね、独自の素材・形状の鞍骨を使用しています。以前は木材を使用していましたが、最新の鞍は形状の歪みの少ない樹脂素材を使用しています。

鞍と腹帯をつなぐ託革

鞍の名称02

あおり革の内部には腹帯託革が3本、左右合わせて6本あります。託革は、鞍を馬の背に固定する腹帯を接続するパーツです。馬の腹を通すベルト状の腹帯は、両端にある美錠で託革と接続されます。

鞍が動かないようきつく固定されるため、託革には強い負荷がかかり消耗しやすく、伸びや革切れが発生します。
ファクトリーで受ける鞍の修理の多くは、託革の伸びや革切れによる交換修理です。また腹帯のゴムの伸びによる交換修理も多く寄せられます。

腹帯の美錠とあおりとの接触を防ぐ美錠保護革は、ソメスのメンズバッグ「ハロン」シリーズにもモチーフとしてデザインが施されています。

 ハロンを詳しく見る
鞍の名称03

鞍と腹帯・鐙

鞍の名称04
鞍の名称05

馬に乗るためには、一般的には鞍と腹帯、鐙革、鐙金の4点が必要です。
鐙は人が馬に乗る際のに足を掛ける部分になり、騎乗時はバランスを取る支えにもなります。小あおりの内部にあるスティラップバーは、鐙金が繋がる「鐙革」を接続するパーツです。腹帯と同様に美錠が備えられ、乗る人に合わせて長さを調整しスティラップバーと接続します。

妥協が許されない鞍づくり

馬と人を繋ぎ、命を預かる馬具は、安全と質が何より求められる道具。負荷に耐えうる素材選びから、細部の一縫いに到るまで、妥協は許されません。
ソメスサドルでは、創業から約半世紀をかけ受け継いできた手仕事の技術で、これからも馬具を作り続けます。

鞍の名称_LINK

関連記事

RECOMMENDED

カテゴリー

CATEGORY