Top
menu

ソメスサドル【日本の革鞄と馬具】

2020.09.14革の経年変化とお手入れ方法-エイジング-|革の魅力と特徴



SOMES

革の経年変化

Aging

革は人肌と同じ。ケアをしてあげることで革の風合いを楽しめ永くご愛用いただけます。

水分(保湿)と油分(保護)をあたえることで、いきいきし新しいうちからお手入れすることで長持ちにも繋がります。

革によっては、オイルをグングン吸い込むもの、傷がつきやすいもの様々です。

革製品を使い込んでいくうちに、世界に一つの革に変化します。(経年変化)
この経年変化は革の大きな魅力であり、加工では作り出すことのできない味を楽しむことができます

まずは、お手入れの基本を覚えながら「どんな革なのかな?」と革の個性をみていきましょう。

Bridle Leather

ブライドルレザーのアイテム

革製品と永く付き合っていくために

革製品は”いい革”であっても型崩れやシミ、カビなどのトラブルが起きてしまうことがあります。革のメンテナンスだけではなく、保管などにも気を遣うとより永く革製品を使っていくことができます。

新品のメンテナンス

新しい革製品にクリームやオイルを塗りこむことによって、革に油分が補給され薄い保護膜ができ保湿されます。

革製品を永く使っていくための第一歩です。

※最初のメンテナンスが不要の革もあります。詳しくはソメススタッフにお尋ねください。

革にとって雨は天敵

一般的に革は水に強くありません。雨や水にあたると、シミや色落ちの原因になってしまいます。

レザー用の防水スプレーを適量吹きかけ、水対策をしておくことでトラブルを防止することができます

革製品の正しい保管方法

革にとって汚れはカビの原因になってしまうので、長期保管をする前にきちんとメンテナンスをしましょう。

保管する際は、型を整えて、湿気の少ない場所で保管します。また時々風に当て、ケアをすることでカビの発生を抑えることができます。

※万が一カビなどが発生した場合はソメススタッフにご相談ください。

革の経年変化を楽しむためのお手入れ方法

maintenance

革のお手入れ STEP1

ホコリやゴミ落とし

革のお手入れ・ホコリ落とし
革の表面の毛穴にゴミがたまると、革の呼吸をさまたげ、寿命を縮めることに。
なでるように優しく、まんべんなくブラッシングをしてゴミを落としましょう。

▷オリジナルブラシ


革のお手入れ STEP2

保湿・保護

革の保湿・保護
スポンジにオイルを少量つけたら、製品全体に薄く塗り広げます。
付着した汚れを取ると同時にオイルの保湿成分が潤いを与えます。
※革によってはシミになる場合もございます。
目立たない部分でテストしてからお使いください。
▷ レザーワックス


革のお手入れ STEP3

ブラッシング

革のブラッシング
レザーワックスの塗布後、ステッチ等に付いた
ワックスを伸ばしたり、革の保湿成分を馴染ませましょう。
▷ オリジナルブラシ


革のお手入れ STEP4

磨き上げと自然乾燥

磨き上げと自然乾燥
クロスを使って余分な油分を拭い艶を出します。必要に応じて防水スプレーをしましょう。
最後に風通しのよい日陰で自然乾燥させます。鞄の場合は、底面も乾燥させましょう。
※直射日光や通気性の悪いところに置くと、固くなったりカビが生えるので避けましょう。

▷ オリジナルクロス

CARE GOODS

革のケアグッズ

初めての方も安心。まずはこのセットで始めましょう。革製品の贈り物にもご一緒にどうぞ。

care

レザー用お手入れセット
¥4,730(税込)
care

コードバン専用お手入れセット
¥4,950(税込)
care

ウォータープルーフスプレー
¥2,860(税込)

09

category

Archives