冬のリュック&バックパック特集

冬こそリュック&バックパック

ソメスの職人が革を選び、ひとつひとつ丁寧に仕立てるバックパック

12月を迎え、北海道は雪の季節。気温も下がり、コートやダウンが主役になりました。

「からだ全体を防寒に努めても、冷えがちな手先。できればポケットから出したくない」

「雪や凍結で不安定な道を歩くなら、手には荷物を持たない方がいいかも」。

両手をフリーに、カジュアルにもビジネスにも活躍する収納力あるバッグ…そんな時にリュック&バックパックはまさにベストアイテムです。

冬のリュック&バックパック特集_ハロン

とはいえ、冬だけのバッグと限定せず、春以降も長く使えるお気に入りを持ち歩きたい…。
そんな方へ、ソメスの厳選した革で仕立てたリュック&バックパックをご紹介します。


革製のバッグはえてして、ナイロン等の人工素材のそれらに比べ、より多くの、より慎重な工程を経て出来上がります。リュック、バックパックは、構造や強度の観点からもその傾向はより顕著。本体とショルダーベルトの付け根や、ポケット・仕切りの内装のつくりは、負荷に耐えられるよう計算してつくらなくてはなりません。また、革は一度ミシンの針を通したら穴が開くため縫製に失敗は許されず、立体的に、様々な角度で縫うリュック・バックパックはより高い技術が必要です。
手間ひまかけて出来上がったカバンたちを、お使いいただくみなさまの手で育てていただけると幸いです。

ITEM PICKUP

ハロン_バックパック

競馬の鞍がモチーフ。見かけによらず大容量で機能性も充分。

FU-02

 ハロン バックパック 
color:

99,000円

ジュール_バックパック

スムースレザーの帯が全体を引き締めるアクセント。広く開くファスナーでシーン選ばず活躍しそう。

JO-02 ジュール バックパック
color:

74,800円

プランス_バックパック

細やかなシボでキズにも強い防水レザー。ノートPCや書類の収納に嬉しいスクエアスタイル。

PR-12 プランス バックパック
color:

68,200円

レインズ_バックパック

手綱がモチーフのクラシックな意匠。隠れた巾着が可愛らしさも覗かせる。

RE-07 レインズ バックパック
color:

70,400円

スフレ_バックパック

手持ちでも使いやすいハンドルと両開きファスナー。ふんわりなめらかな革がクセになる。

SO-03 スフレ バックパック
color:

59,400円

「リュックサック」と「バックパック」の違いはなに?

コンテンツ・ブランドによって様々に呼ばれる「リュックサック」と「バックパック」。この違いをご存知ですか?

リュックサックドイツ語
バックパック英語
語源の違いで、どちらも「背中に背負う袋」という意味なのだそう。 形やスタイルに違いはないので、気にせずお好きな呼び方でいいようです。 自分のお好みで選んで、お好きなスタイルやコーディネート、それぞれの使い方が一番! それがカバン自身も一番喜ぶはずです。

 こちらもおすすめ

関連記事

RECOMMENDED

カテゴリー

CATEGORY