牛革(原皮)の種類-カーフやステアとは|革の魅力と特徴

牛革(原皮)の種類

カーフ・ステアとは?革の特徴は?

革の原材料である「原皮」。原皮が鞣し(なめし)という工程を経て、「革」となります。
革は動物から頂いた自然素材であるので、1枚1枚それぞれに個性があり、同じものはひとつとしてありません。

ソメスサドルでは、さまざまな原皮からなる革を使用してものづくりをしていますが、中でもよく使われる革の種類は牛革です。一般的な牛革のほかにも、水牛革・馬革・羊革・山羊革・豚革・爬虫類系などがありますが、今回は牛革原皮の種類と特徴について紹介します。

牛革の特徴

牛革は食肉の副産物として生まれる

牛革は世界でももっとも流通量が多いうえに、加工がしやすく、耐久性も高いため、牛革が使用された製品は生活の中でもとても身近に見られます。これは牛革の元となる牛の消費量が多いためです。
牛革は「食肉の副産物」として生まれます。革をとるだけのために牛を育てることはありません。

牛革と一口に言っても牛の品種や、部位、牛の年齢・性別によってグレードや特徴もさまざまです。牛肉の消費量が多く革の生産が多いのはアメリカですが、仔牛を食べる文化のあるヨーロッパ(フランスなど)では、仔牛でできた革(カーフ)などが多く生産されるなど、世界の地域や食文化の違いによる特徴もあります。

ソメスサドルでも製品の用途やデザインによって、牛革の種類を使い分けています。

牛革の種類

カーフ・スキン

カーフスキンとは牛革のなかで一番若い生後6か月程度の仔牛の革で、希少価値が高い革です。

薄手で繊維構造が細かく、銀面(革の表面)がとても美しく、手触りも心地良い最上級の素材です。ソメスサドルでは、お財布などの小物のほかに鞍などの馬具にも使用しています。

キップ・スキン

キップスキンとは、生後6か月から2年くらいのカーフスキンと比べると少し厚手の革です。カーフスキンに次いで肌触りが良く、美しい銀面をもっているのが特徴です。

しかしキップスキンのほうがカーフスキンより革自体の厚みも増し、耐久性と堅牢度があがっています。海外ではキップスキンもカーフと呼ばれることもあります。

カウ・ハイド

生後2年以上(成牛)の出産経験のある雌牛の革を指します。雄牛よりも薄く柔らかい特徴があります。出産経験があるため腹部の繊維が伸びていることが多く、製品に使用できない箇所もありますが、丈夫で繊細な表情を持っています。

ステア・ハイド

ステアは生後3か月から6か月以内に去勢され、2年以上経った(成牛)雄の革です。世界的に最も流通していて、革の厚さ、耐久性のバランスが取れた一般的な革の代表です。

ブル・ハイド

生後3年以上(成牛)の去勢されていない雄牛の皮です。ブルハイドは食用牛に比べ数の少ない種牛の皮が使われるため、流通数も多くはありません。
牛革の種類の中でも丈夫で厚く、耐久性はトップクラス。ただ、去勢されていない種牛は気性が荒く、同じ種牛同士で決闘を繰り返すため傷が多く見られることも特徴で、ファッション製品では敬遠されがちですが、耐久性重視で求められる靴底や工業用ベルト等に多く使われています。

PICK UP ITEM

カーフスキンを使用したシリーズ

 FELL フェル

牛革の種類_フェル

 FELL フェル

きめの細かい上質なフランス産「カーフスキンレザー」を贅沢に使用した、しっとりとした心地いい手放せなくなる素材感のシリーズ。

FRIESIAN フリージアン

フリージアン_二つ折り財布

FRIESIAN フリージアン

ヨーロッパ産のカーフレザーを使用。ワックス仕上げによるマットな表面は、使い込むごとに油分が浸透していき美しいツヤへと変化します。

キップスキンを使用したシリーズ

PROGRESS プログレス

PROGRESS プログレス

軽くて丈夫なビジネスブリーフケース。一つ一つ丁寧に作りこまれた鞄は、末永くご愛用いただけるお鞄です。使い込むほどに経年変化もお楽しみいただけます。

ステアを使用したシリーズ

SQUARE スクエア

SQUARE スクエア

馬具(無口頭絡)に使用する金具をアイコンに、ベジタブルタンニンでなめした国産の成牛革を使用し存在感と気品あるたたずまいの四角い鞄を仕立てました。

 関連記事 革について

関連記事

RECOMMENDED

カテゴリー

CATEGORY